注文住宅の依頼先はハウスメーカーがいい?特徴をご紹介

クオリティが安定している

注文住宅を建てるためには、まずはどこの建築会社に依頼するかを決めなければなりません。ハウスメーカーに加えて、建築事務所や地場の工務店など様々な選択肢がありますが、その中でハウスメーカーの特徴を一つ挙げるとすると、出来上がった建物のクオリティが安定しているという点を挙げることができるでしょう。ハウスメーカーでは、使用する建材や住宅設備について厳格な基準を設けているところがほとんどであり、また建物の仕様もある程度決まっているケースが多いため、よほど例外的な場合でない限りは、一定水準以上のクオリティを期待することができるのです。そのため、徹底的に自分の好みにこだわった家造りをしたいといったような強いニーズがない限りは、ハウスメーカーを選んでおけばまず失敗することはないはずです。

アフターケアが充実している

ハウスメーカーのもう一つの特徴として、建物が完成した後のアフターケアサービスが充実しているという点を挙げることができます。注文住宅は建てただけで終わりではなく、何十年にもわたって住み続けるために定期的なメンテナンスが不可欠です。財務体質が脆弱な建築会社に依頼すると、将来的に会社がなくなってしまう恐れもありますので、もし長期にわたるアフターケアを同じ会社に任せたいと考えているのであれば、財務が健全なハウスメーカーに依頼しておいた方がよいでしょう。たいていのハウスメーカーは、アフターケア専門の窓口を用意していますので、急遽補修などが必要になった場合でも迅速に対応してもらえるという安心感があります。

設計事務所の種類によって仕事内容は異なりますが、主に設計図の作成や書類の編集などを行うのが仕事です。